<   2007年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧
母親教室
30w0d
地元の母親教室へ。

今日は助産師さんの話。
最初はグループディスカッションで出産に対するイメージ、こんな出産がしたいという希望、疑問点を話し合い。みんな怖いとかどのくらい痛いの?とか立ち会いどうしよう?とか。
呼吸法は吐くことに意識を集中してということ。人間、吐けば自然に吸いたくなるけれど、吸うことに意識が向くと吐くことを忘れちゃうそうです。

その後は助産院での出産の様子を撮ったビデオを見ることに。 助産師さんは「自分のも他人のも見られないから」ということで見せているようです。
いきみ逃しの呼吸法の仕方から始まって、実際の出産シーン、後産まで。思いっきり実写。ハサミのようなもので人工破水させたり、赤ちゃんの頭が会陰から実際に見え隠れしてるところや、赤ちゃんが出てくるところ、へその緒を切る様子、後産で胎盤が出てくる様子など。。。私、頭が見えたらそのまま息んでスルッと産んで良いのかと思ってたんですが、頭頂部だけ見えている状態で力を抜かなくちゃいけないみたいです。その方は赤ちゃんの肩がつかえていたのと会陰切開をしていないというのも理由なのでしょうかね?経験者に聞いてみると、今、赤ちゃんがどういう状態なのかは(麻痺してて)自分じゃ分からないから言われるままにするしかないということのようですが。

いやぁ~、でもこんなリアルなビデオを初めて見たので衝撃でした。が、母って凄いんだなぁと感動&涙。と同時に自分に出来るんだろうかと不安も。。。


助産師さんの「母子共に無事で、退院出来たら安産です」という言葉が一番印象的でした。私たち不育症患者の願いはこれに突きますね。
[PR]
by hinahinar | 2007-01-29 23:27 | 妊娠8ヶ月
最近の様子
29w3d

最近の様子

胎動激しい!一日2~3回はしゃっくり胎動を感じる。胎動が激しくて寝付けないということが昨日初めてあった。胎動をお腹の上の方で感じることも多くなってきた。自分が揺さぶられるような胎動もたまにある。胎動が痛いと感じたことは無し。ボコッ、うにょ~、ボコボコッ、トク・・・トク・・・トク・・・。
お腹が重たく感じる。
食後苦しくなることがある。
食欲も相変わらず旺盛。甘いものを欲する。
トイレも相変わらず近い。夜中は必ず起きる。(トイレになかなか辿り着けない夢で起きる(-_-))
相変わらず眠い。トイレ以外で目が覚めることは無し。
歌うと耳管解放症になる。頻度は激減。
病院ではむくみ無いとの診断だけど、靴下の跡やタイツの柄跡がつく。
最近は全く足は攣らない。
お腹の皮が余裕無くて張ってきた感じ。
車の運転も普通にこなす。シートベルトもきつくない。
名付けの本を買ってみた。
[PR]
by hinahinar | 2007-01-25 10:29 | 妊娠8ヶ月
抱っこ紐考察
29w2d

そろそろ出産準備を始めなくてはいけないわけですが、幸いお下がりが沢山あるので、消耗品以外は比較的揃ってるようです。

洋服、ベビーベッド、ベビーカーなどにお金を掛けなくてすむ分、自分の使いやすいものを選びたいなぁということで、抱っこ紐を検討してみました。
私の条件は
●肩腰に出来るだけ負担を掛けない
●なで肩なので、肩から紐がずり落ちない
●とにかく装着が簡単
●自分の両手があく
●何通りも出来るものを買っても、結局使うのは一通りだけになってしまうという意見を元に、抱き方は1~2通り出来れば良い。
●オットも使えるデザインのもの

ママ友の意見を聞いたり、ネットで口コミやブログを見て今候補に挙がっているのは

1.ベビービョルンベビーキャリアエアー

e0063281_2044516.jpg


2.同じくベビービョルンのベビーキャリアアクティブe0063281_20454299.jpg


二つの違いは
<エアー>
メッシュになっていて通気性が良いので夏向き。
両肩で支えるタイプ。
10キロまで使える
かさばる

<アクティブ>
夏は暑い
両肩と腰で支えるので、肩腰には良い。
12キロまで使える→そこまで使う?
付けたまま授乳が出来る
かさばる

実際に試着してみましたが、とにかく簡単。6カ所を止めるだけ。

スリングはまだ試していませんが、賛否両論あって迷うところです。
カドラーは首が据わってからということなので、まだ後でいいかなぁという感じ。
だ・くーのも気になる。
[PR]
by hinahinar | 2007-01-24 17:20 | ベビーグッズ
「不育症」夫婦のために
1月23日毎日新聞朝刊で
少子高齢社会:どうする少子化 不妊治療/家族格差--12月定例研究会
という題目で牧野恒久東海大学非常勤教授が不育症の治療に関する公的助成について意見しているので引用紹介。

少子高齢社会の明日を考える毎日新聞社人口問題調査会(会長・北村正任社長、委員62人)の定例研究会が昨年12月19日、東京本社内で開かれ、牧野恒久東海大学非常勤教授(産婦人科学)が「少子化と不妊治療」、山田昌弘東京学芸大学教授(家族社会学)が「少子化と家族格差」と題して研究報告した。不妊治療に対する公的支援の拡大は朗報だが、年間30万件と推計される自然流産を防ぐ治療への助成は乏しく、牧野氏は「少子化対策としての一貫性とバランスが必要」と提言した。一方、収入や結婚などの格差が拡大し、願望と現実が一致せずに家族を持てない人が構造的に発生していることから山田氏は「若者の労働や結婚などミクロの問題に注目した少子化対策を考えるべきだ」と指摘した。両氏の発表要旨と国連人口基金(本部・ニューヨーク)によるブータンでの母子保健の向上活動の模様を報告する。【滑志田隆】

◆不妊治療◇流産治療、助成を少子化との関連で最近、不妊治療の問題がしばしば取り上げられる。生殖医療の発展とともに、行政面からの支援は不妊症に悩む夫婦にとって朗報となっている。

 1年間10万円を上限とする患者への支給額はこれまで2年間限定だったが、06年度から5年間に延長された。来年度からは助成額の倍増も検討されている。少子化対策を重視する観点から、医学的治療への助成施策はさらに拡充されるべきだ。

 ★治療の種類と環境

 不妊の頻度を確定する行政データはない。2000年国勢調査では20歳から49歳までの既婚の婦人は約1500万人。約1割の夫婦が子どもを欲しくても授からないといわれる。医学雑誌などでは、不妊症の夫婦は約140万組と推計している。ちなみに米国では約210万組とされる。

 このうち医療機関を訪れるのは、日本では30万~50万組、アメリカでは93万組といわれる。不妊治療は(1)雄性、つまり男子の機能障害を治療する(2)排卵機能を治療する(3)卵管障害を治療する--という三つに尽きる。おのおのについて社会環境、自然環境が影響する。

 例えば国連データでは人類の精子は減少していると推測される。日本人に関する研究でも65年以降に出生した男子は身長や体重は増加しているが、精巣の重量が減少しているという。環境ホルモンと呼ばれる内分泌かく乱化学物質の影響も考えなくてはならない。

 ★医療機関数は増加

 最も社会的な注目度が高いのが体外受精を中心とする生殖補助技術(ART)だ。これはあくまで不妊治療の一部であることを確認しておきたい。ARTには(1)新鮮胚(はい)を用いる治療(2)卵を凍結しておいて次の周期に使う凍結胚治療(3)一つの受精卵に一つの精子を合わせる顕微授精--の3種がある。最近では年間約1万8000人の赤ちゃんが、この三つの方法によって生まれている。

 日本ではARTは登録制になっており、日本産科婦人科学会に届ける。2001年には578カ所の医療機関が実施し、現在は660施設を超えている。アメリカは400カ所くらい。イギリスでは、つい最近まで20~40カ所だった。世界で日本だけが突出し、右肩上がりで年々増えている。日本が生み出したひとつの特徴的な医療状況だろう。

 ★生殖医療の光と影

 実は生殖補助技術を行うときに、受精卵を子宮の中にいくつ戻すかという点で、患者と医師のエゴが出る。患者さんは一刻も早く妊娠したい。医師の方もできるだけ多くの方に妊娠させたい。その結果、研究統計によれば自然妊娠よりも17~20倍も多胎妊娠の確率が高まり、場合によっては深刻な問題を生じることになる。

 ある報告では、一卵性双生児で男の赤ちゃんと女の赤ちゃんが生まれた。生物の原則を180度変えない限り、説明がつかない事例だ。その世代には現れなくても、次の世代を困らせる医学的現象も多くある。増加する一方の不妊治療の陰で、そのようなこともあると認識してほしい。


◆「不育症」夫婦のために
 子どもを望む夫婦の中で「不育症」に悩む人たちがいることに注目したい。医学的には、妊娠の成立が困難な症例を不妊症、妊娠はできるものの流産その他の要因で、子どもがもてない症例を不育症と定義する。前者がまだ見ぬ子への希望であるならば、後者は小さいながらもわが子の命の喪失であり、夫婦の心の傷は深い。

 年間約30万件の自然流産があるものと専門医の間では推計されている。そのうち約6割は胚(受精卵)の致死的な異常だが、残る約4割は不育症の治療対象になると見られる。既婚夫婦の不育症の頻度を1%とすると、出産可能な年齢にある約15万組の夫婦が不育症のカップルとなる。

 治療法が確立している不育症の原因が55%とすれば、8万3000組が治療の対象となる。治療成功率80%と仮定すれば、約6万6000人の新しい生命が生まれる。しかし、現在のところ、不育症治療に関する公的助成は皆無だ。少子化対策の中に位置付けられるべき重要な課題の一つとして指摘しておきたい。

[PR]
by hinahinar | 2007-01-23 22:26 | ニュース記事
29w検診
29w1d

妊婦検診へ。

体重 妊娠前+4キロ
血圧 98/50

体重が順調に増えちゃってます。注意されるほどじゃないんだけど、ツワリで減ってた分が4キロだからそれを入れると+8キロ。。。これってスゴイー。ツワリで減った所くらいまで産後落とせたらとってもラッキーだけど、そうもいかないのが現実よね、きっと。でも、そのためにも母乳は出さなくちゃね!(授乳は産後のダイエットに最適だそうです)

今日は超音波無し。性別も前回で分かったし、この前4D見たし、次回詳しく見るっていうので。
子宮底長と腹囲を測って、心音確認して、内診→子宮口で早産の兆候をチェック。

最近、一日に2、3回、定期的に大人の脈拍くらいのスピードでトクトクした胎動(痙攣)があるのだけど自分の脈とは速さが違うので聞いてみたら、「赤ちゃんのしゃっくり」との答えでした。肺呼吸の練習でしゃっくりをするというのは知っていたのだけど、こんなにスピードが速いとは思いませんでした。大人のしゃっくりを想像してたので。赤ちゃんって、心拍だけじゃなくてしゃっくりも速いのね。

あと、オットの立ち会い分娩の申し込み用紙と産後の風疹予防接種の申し込み用紙を渡しました。オットの立ち会いについては、やるかどうかは未定だけど、申し込みをしないと陣痛室にも時間外に入れないらしいので、出しておく方がいいかなと。立ち会いはその時にならないといてほしいか、やめて欲しいかなんて分からないだろうしね。

最後に貧血などの採血を一本。
[PR]
by hinahinar | 2007-01-23 19:49 | 妊娠8ヶ月
風邪ひいた
28w2d

3日前から風邪ひいちゃいました。うがいと手洗いをちょっと怠ったらこの通り。

今度は咳がメインで鼻水少し。頭痛、熱などは無し。
葛根湯を飲んでみたが、一時は良くなるものの、またぶり返してしまい、あまり効果無し。風邪のひき始めじゃないから、仕方がないか。
病院に行こうかなぁと思っていたところ、実家の薬箱の中に咳に効くというツムラの麦門冬湯(バクモントウトウ)を見つけた。調べたところこれも妊婦が飲んでも大丈夫とのことだったので、早速飲んでみた。

咳止めだけあってかなり良い感じに効いてますっ。このまま終焉にむかってくれると有り難いのだけど・・・

皆様もお気を付けくださいね~。
[PR]
by hinahinar | 2007-01-17 19:17 | 妊娠8ヶ月
母親教室
28w0d

いよいよ8ヶ月に突入。
今日は地元の母親教室へ。
同じ区内でも地区毎にグループ分け。今回からそうしてみた、と言っていましたが、良いアイディアかも。

第一回の内容は妊婦と乳児の歯の管理について、と妊娠期の経過と注意事項。
歯については、中期に治療しなさいね、ということと、歯磨きの徹底、仕方など。
一つ知らなかったのは、赤ちゃんにほ乳瓶を咥えさせてミルクを飲ませ、そのまま寝かせるということはダメだそう。虫歯が出来やすくなるんだそうな。でも、、、寝かし付けにほ乳瓶を咥えさせるのって普通じゃないんですかね?!飲んでるウチに寝ちゃうのって普通なことなのでは?!じゃ、どうやって寝かしつけるんだー?!抱っこ?!
あとは産後、離乳食が始まると母親のお箸を通じたり、母親が砕いたものを食べさせたりすると虫歯菌がうつるらしいので、それも注意だそうです。

妊娠期の経過と注意事項は再確認という感じ。
中毒症、体重管理、異常があったら病院へということと切迫早産、前置胎盤、早期胎盤剥離の自覚症状の違い(この中では早期胎盤剥離が一番怖くて、波のないお腹の痛みがあったら要注意だそうです)この地区の病院や緊急搬送の実情など。
低体重児などの搬送については、かなり厳しい状態みたいです。ベッド数が明らかに足りず、他市県に搬送ということもよくあるそう。
あと、現在区内に新しい病院が建てられているとのこと。そこは小児科が充実する予定らしく、常勤医師が13~4名になるのでは?と。こういう施設が増えるのは安心ですね。

同じグループになった人とおしゃべりしてみましたが、みんな徒歩圏内の近所の病院へ通ってました。これが普通のことなんですよね。車で通ってるって言ったら驚かれちゃいました。おまけに↑で説明していた緊急のセンターのある病院だったので、ますます。。。

私って普通じゃないんだなって改めて感じた次第です。
[PR]
by hinahinar | 2007-01-15 22:07 | 妊娠8ヶ月
4Dエコー
27w5d

4Dの超音波だけを診てもらいに別のクリニックへ行ってきた。

金曜日の午後と土曜日の午前中に技師さんが来て完全予約で診ているらしい。料金は9000円。ちょっと高いけど、一足先にベビの顔が分かるかなぁ・・・という期待を込めて予約をしてみた。電話してみると一人1時間の枠で予約を取っているとのこと。提携の駐車場もあった(一時間無料券をくれる)。推奨週数は22~32週くらいが良い、と言われた。

ここへ行くのは初めてだったので、まずは問診票に記入。エコーだけなのでさらりと。
すぐに呼ばれ、技師の方(女性)がパソコンに名前や週数などを入力し、エコー開始。見えるのはパソコン画面で、普通の2Dエコーを切り替えると3D、4Dになるというタイプのもの。

早速診てもらった。が、ベビは手を顔の前に持ってきてしまって全然顔が見えない!!胎盤に顔を埋めている感じで、胎盤と顔の隙間もあまりなく、その隙間から切り取って見るような感じらしいので余計に見にくくなっていた。手をどけてくれたらよく見えるんだけど・・・結局最後まで手はそのまま。指しゃぶりしているところが見えたけど。右4分の一がかろうじて見えるかなぁ・・・という程度。雑誌に載っているような素敵なショットには恵まれませんでした。残念。

40分ほどエコーをして、写真は6枚もらいました。足は良く動いていたので動いている所をCDに落としてもらい動画も4つほど焼いてもらいました。キックしてる瞬間とか。良い感じのところだけ焼いてもらえます。殆ど顔がはっきりとは見えなかったけど、体の立体感が分かって結構楽しかったです。顔は産まれてからのお楽しみですね。

あ、またもや男の子と言われました。もう決定ですね。(と言われてもまだ実感が持てない私)
[PR]
by hinahinar | 2007-01-13 19:58 | 妊娠7ヶ月
ベビー用品
実家に行って、ベビ用のお下がり洋服をチェック。とりあえずは50~70センチの新生児サイズ。50-60サイズの短肌着が10枚、50-70のコンビ肌着が7枚、ドレスタイプのロンパース等が20枚近くありました。これでも汚くて使えない物や、いかにも女の子用というものは除いてです。スタイ(よだれかけ)に至っては30枚以上!

スゴイ量です。

とりあえず、つけ置き洗いして干してみました。

これだけあれば、買う必要無し!って感じでしょうか。ま、足りなければその時に~ですね。買う物はおむつ用品や母乳パットなどの消耗品だけでよさそうかな?ほ乳瓶グッズも色々とあるので、瓶は消毒して、あとは乳首部分だけ買い足せば良いかなぁなんて・・・乳首の形はその子によるみたいなのでね。どれだけ飲むか分からないし~私もどれだけおっぱいが出るんだか?!
[PR]
by hinahinar | 2007-01-12 16:42 | 妊娠7ヶ月
中期も終わり
27w2d

7ヶ月も終盤。
ここ何日かで、お腹が重たくなってきたのを感じる。
お腹もやや下前に突き出てきてるし・・・・
ピジョンのマジックテープで止めるタイプの腹帯を買ってみた。が、無いよりマシかな?程度。トコちゃんベルトの方が良かったか?!
食後、胃が苦しいということは無いけれど、お腹にスペースが無いなぁという感じ。
妊娠線も微妙。下着や洋服の跡なのか、妊娠線なのか区別がつかない!!産毛もあるし良く分からない!産後に気づくことになるのかも。
[PR]
by hinahinar | 2007-01-10 21:54 | 妊娠7ヶ月