<   2006年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
初めての母子手帳
先日、助産師さんから次回までに取ってきてね、と言われたので区役所までてくてく歩き、受け取りに行ってきました。

妊娠届出書を書き、提出。事務的な説明をささ~っと受け、資料をいくつかもらって簡単に終了。手続きは簡単だったけれど、ここまでくるのは本当に長かった・・・(涙)世の妊婦さんにとってはこれからがスタートっていう感じなのだろうけれど、私にとってはここにくるまで2年以上もかかってしまいました。それも運命というものなのでしょうけれど。

母子手帳は小学校に上がる前まで使うということなので、今はぴかぴかの母子手帳だけれど、何事も無く、汚れるくらいになるまで使えることを祈ります。
[PR]
by hinahinar | 2006-09-28 08:27 | 妊娠4ヶ月
検診
12w1d
妊娠4ヶ月に突入。未知なる世界です。

今日は検診日。糖尿病の負荷検査があるので前日22時から絶食。飲み物は水、お茶のみ可でした。9時過ぎに病院到着。まずは3点セット(採尿、血圧、体重)のあと9時半に4本採血。すぐに糖尿検査用のサイダー250ccくらいを飲み干す。ぐふぅ~げぷ~って感じです。この後2時間は水も飲んではいけないということで辛い時間となります。

1時間後の10時半頃一本採血。

その後11時頃妊婦検診に呼ばれる。前回の先生と同じ先生でした。(学生見学付き)

前回のエコーの胎児の大きさがやや大きいということで、基礎体温から予定日を計算したいと言われましたが、あいにく今日は持ってきていなかったので、口頭で排卵日を言ったところ、再計算してもらったのですが、やはり週数は変わらず。予定日変更は今のところ無さそうです。

そしてエコー&内診。
最初は画面が見れない位置にあるのですが、Drがすぐに「赤ちゃん元気ですよ~」って言ってくれたので一安心。大きさ測りますね。と言った後、カーテンを開けて画面を見せてくれました。脊髄や手足がだいぶはっきりと見えてきた感じです。大きさは?と聞いたところ、「6センチに満たないくらい」とのこと。はっきりとは教えてもらえませんでした・・・2週間で2センチほど大きくなっているので大丈夫なのでしょう。今回初めて心音を聞かせてもらいました。感動~

再度問診。
不育の件について
前回の初診の後、科内のカンファレンスにかけてくれたとのことで(大学病院らしいです)その結果
以前の検査で陽性だった項目について再検査して、その結果を検討した上でアスピリンの投与期間を決める
とのことでした。
そーよー。その言葉を待ってたのよ♪
検査やってくれないで、薬やめるとか言われたら、S先生のところまで相談しに行こうかしら?なんて思ってたところだったので良かったわ。
ということで2週間後に採血してその結果を見て考えるということになりました。

その後は11時半に2度目の採血。+6本分の採血。
今日だけで12本の採血。ふぅ~。朝食抜きで結構辛いかなぁと思ったけど、ふらふらすることもなく、血が足りなくなることもなく無事に終わって良かったです。

これからも順調でありますように。
[PR]
by hinahinar | 2006-09-26 16:01 | 妊娠4ヶ月
伊藤病院へ
11w1d

妊娠してから初めて伊藤病院へ行ってきました。

何とか一人でたどり着けました。だいぶ社会復帰が出来つつあります。
今日の結果はすべて良好。前回のTRAbも26.0にまで下がっていました。まだまだ陽性の範囲内ですけどね。徐々に減ってきているので嬉しい。

まだ妊娠初期ということで、より安全を期するために、現在飲んでいるチウラジールからヨウ化カリウム丸という薬に変更することに。とりあえず一日一錠、28日間。薬をやめるのはちょっと危険らしい。

先生曰く、その後はまたチウラジールに戻すけれど、二日に一錠に減らせるんじゃないかな?とのこと。良い状態の時に妊娠できて良かったわね、とねぎらいの言葉も。先生からそう言ってもらえると、嬉しいですね。
[PR]
by hinahinar | 2006-09-19 22:13 | 妊娠3ヶ月
転院
10w2d

いざ、新しい病院へ。

総合受付で紹介状を渡した後、最終生理と予定日を聞かれる。事前の電話で週数が経過しているので断られると思うけれど、話が通っているという風に言えば大丈夫と言われていたので、その旨伝えると一応電話で産婦人科へ確認していたようだ。カルテを作るのに10分ほど待ったあと、ポケベルを渡され2階の母子医療センターへ。

血圧と体重と採尿をするように言われ、すべてセルフで行う。採尿もトイレにある棚からカップを取り、名前を書き、棚にまた戻すという感じ。これからはこれら3点セット、受診の度にやるとのこと。血圧と体重は数値がプリントアウトされるので受診の際にDrに直接渡す。

そして問診票を記入。どこの病院でもあるようなものです。

それから1時間45分ほど待つ。その間、寝て待っていたら、「ドクターコール!ドクターコール!産婦人科外来ドクターコール!!」っていう病院内アナウンスがあり、起きる。と思ったら、ほうぼうから20名ほどのDrがどかどかと走ってきて産婦人科の中へ入っていった・・・どんな緊急事態があったのだろうか。医者が集団で廊下をフルスピードで走ってくる姿はかなり怖かったです。。。周りの患者さんからは「破水しちゃったのかなぁ・・・?」とか声が聞こえましたが、真相は分からず。何事もありませんように。あ、余談でした。

ようやくポケベルが鳴り、中待合いへ。

今日の担当は女性の先生。不育の担当だということでこの先生が初診担当の時に来てみました。

いちおう紹介状を見ながら今までの経緯を説明。
すると先生
「ここまで入院とか、治療をしなくても育ったかもね」
なんてばっさりと。

きぃ~~~!!
そんなのは、結果論であって、誰にも分からないじゃないのぉ~~~!!!
私はもう悲しい思いはしたくない一心で色々と調べたり治療していたのよ~~~!!!
抗リン脂質抗体と12因子が少ない場合はヘパリン&アスピリンは有効っていうのは不育の通説じゃなかったの??

って思ってしまった。けれどそんな強気ことは初対面の先生には言えず、冷静に
「そうですね。でも治療してなかったら、どうだったかなんて分からないことですけど」くらいは言っておきました。

先生「ま、アスピリンはやめる理由は無いから飲んでおきましょう。甲状腺はどこの病院に行ってるの?」
私「伊藤病院です」
先生「伊藤病院だったらしっかりしてるから、甲状腺はそっちで診てもらってもいいし、うちの内分泌に転院してもどっちでも良いわよ」

とのことでした。アスピリンはやめる理由が無いというから飲むそうです・・・
飲む必要があるから飲む訳じゃないところが何か引っかかりますが。
とにかくこの病院、最低限の治療が好きみたい。
先生もそう言ってました。A先生とはまるっきり反対って感じが・・・
先生は「不育症の考え方は病院、先生によってずいぶん違うから、どこまでやるかなんだけどね」と。ま、お気持ちは分かります。でも私はちゃんと育ってほしい、それだけなのよぉ~~

そして内診。
とりあえず子宮ガン検診を1年半ほどしていなかったので、やってもらったのと、エコーで診てもらいました。ささ~っと「ここが頭、手、足・・・」と胎児の説明をして心臓が動いているのを確認したらすぐに終了。大きさも測らず。写真もくれないかなぁと思ったら、写真はくれました。

次回の予約の話。
月曜日はハイリスク妊婦さんの受診日らしいけれど、私はそこには該当しないそう。なので普通の日で良いことになりました。もう4週間後の受診でも良いらしいけれど、そんなのは耐えられないので2週間後に入れてもらいました。次回は糖尿の負荷検査や風疹の抗体検査、血液型の検査を受診前にするとのこと。

そんな感じで無事(?)転院できました。とりあえず飲む薬は変わらないし、新しい病院に身を任せてこれからベビが順調に育ってくれることを祈ります。
[PR]
by hinahinar | 2006-09-13 23:25 | 妊娠3ヶ月
転院しました
さて、転院先についてですが・・・

東海大に戻っても良かったのですが、通院は良いけれど分娩するとなると、伊勢原はいかんせん遠い。高速道路ぶっ飛ばして走って一時間はたっぷりとかかるものねぇ。陣痛で苦しんでいる時に1時間は辛いですものね。渋滞が無いとは限らないし。

ということで、A先生とも相談して、Y大に決定しました。理由は

・自宅から近い(車で20~30分)
・A先生は市大のH教授とも親しく、同年齢。
・不育の研究を古くからしている。
・現在も不育の看板を掲げている。
・周産期、ハイリスク妊婦外来がある。
・NICUも完備。

以上の点からY大病院へ行くことになりました。

事前に電話をしましたが、すでに10週に入っているので分娩予約がいっぱいで受付出来ないとのこと。先生同士で話をつければ受け入れが可能ということで、城西に電話をしてA先生から市大にアポを取ってもらった後、再度市大に電話。ようやく受け入れが認められました。

で、今日の診察となりました。長くなるので別で書くことにします。
[PR]
by hinahinar | 2006-09-13 17:18 | 妊娠3ヶ月
退院しました
昨日で10w0d、ベビは38mmの大きさにて無事に退院となりました。

入院中は先生はじめ、助産師さん、看護師さん、不育の入院仲間、家族に支えられて過ごすことができました。途中、ツワリが本当に辛くて、こんなのがずっと続いたらどうしたらいいの?ってブルーになってしまいましたが、多くの人の支えがあって乗り越えることができました。最終的に4キロ近く体重減となりました。

入院中に入院仲間たちの今までの話やお互いの思いなど色々と話すことができたおかげで、かなり精神的に助けられました。やはり経験者でないとわからない部分も沢山あるし、赤ちゃんを抱きたい!っていう思いは皆同じなのだなぁと感じました。

ツワリもだいぶ落ち着き、胃は本調子ではないものの、いろいろなものが食べられるようになりました。外泊時の夕食はキハチ無国籍で食べてしまったし・・・さすがにコース料理は無理ですが、アラカルトで二人で4品頼み、夫とシェアしておいしくいただきました。10週でおさまるのは早い気もしますが、このまま終息に向かってくれることを祈るばかりです。今までの反動が起こらないようにしなければ!!食べられることがこんなに幸せなことなんだなぁと感じますが、このままいくと簡単にリバウンド(?)しそうで怖いです。

これから自宅での生活が始まります。

今朝は入院前までの朝と何も変わらない朝を迎えられたことをとても嬉しく思います。徐々に日常生活復帰へ向けてがんばります。

妊娠してから、一日のブログのアクセス数がいつもの3倍近くに増えていました。見守っていてくださっている方がいるのだなぁと思うと同時に、私も今まで流産後から本当に多くのブログやサイトに沢山の情報、そして何より勇気をもらうことができたので、同じ悩みを抱えている方たちに少しでも私の経験が役にたてたら嬉しいです。まだまだ妊娠生活は始まったばかりでこれからもトラブルなどあるかもしれません。一つ一つ階段を上っていけたらなぁと思います。
[PR]
by hinahinar | 2006-09-12 10:02 | 3度目の妊娠、入院日記
退院に向けて
9w4d

予定通り、外泊前にエコーをしてもらうことが出来ました。今日は正面を向いて腕を組み、足をもぞもぞと動かしていました。先生曰く、手の指も出来つつあるようです。脳が空洞だったところも徐々に埋まってきているみたい。へその緒も完成して、しっかりとした太いへその緒を見ることが出来ました。これからは胎盤を通して栄養をもらうようになるのね!!

大きさは31.2mmと3センチ越え。今日の夜でヘパリン注射は終了ということで、かなり不安はありますが、あとはアスピリンの力を信じて無事に育ってくれることを祈っています。頑張ってね、ベビちゃん。

尿検査の結果
hCGは未だ118,600あるそうです。ピークは過ぎたってことですが、まだ時々吐くこともあるし、食欲も日、時間によってマチマチ。つわりが終わるにはもう少し時間がかかるよね。。。

血液検査の結果
肝機能は全て正常値に戻りました。

甲状腺
FT3 2.26 (2.47~4.34)
FT4 1.29  (0.97~1.79)
TSH 0.33  (0.34~3.5)

TSHが少し下がってしまいました。ってことはやや亢進しているとTSHは判断しているってことでしょ。でもFT3も下がってる。FT4は正常だし。
うーんどういうことなんだ~?分からないよー。帰ったら伊藤病院に行って相談しなくちゃ。一人で表参道の病院までたどり着けるのか?!まったくもって自信はゼロ。

医療保険の書類も渡したし、転院先への紹介状も書いてもらったし。そろそろお部屋の片づけを始めなくては。

そして今日もおめでと退院が。私の一日前から入院していたお友達もめでたく退院決定!一緒に辛いつわりの時期を乗り越え、ともに頑張ってきたので、本当に嬉しい!!これから一緒に頑張っていこうね!
[PR]
by hinahinar | 2006-09-08 17:16 | 3度目の妊娠、入院日記
エコー
9w0d

今日は今までの入院中、一番ドキドキしたエコーとなりました。
廊下の足音がするだけでびくびく。
担当の助産師さんからは、「いつも冷静なのに、今日は感じが全然違う」と驚いていたほど。

エコーに映し出されるのを見るまでは本当に心配で心配で。

ぴくぴくと動いている心臓を見ることが出来たときには、本当にほっとしました。足をもぞもぞも動かしたりていて、初めて人間らしいなぁと感じて。大きさは24.5mm。待望の25mmには少し足りませんでしたが、ようやく退院の目処をつけることが出来ました。

木曜日採血。カプロシンは今週金曜日まで。金曜日にエコー。日曜日外泊、来週月曜日エコー後退院予定!順調にいきますように。
[PR]
by hinahinar | 2006-09-04 15:09 | 3度目の妊娠、入院日記
8w後半
8w6d

今週は比較的つわりも軽く、名古屋の気温も下がり、風が涼しくなってきたことも関係しているのか、楽に過ごしています。

私より週数の長い人は一日違いの人がいるだけ。他は皆さん無事に退院されています。
心拍確認された人たちは皆無事に退院していっているけれど、25ミリを超えるまでは染色体異常も考えられるため、不安がぬぐえないのも事実です。不育に関してはもう出来る限りのことはやっているので、安心して先生に任せている部分がありますが。

基礎体温。
今周期はろくに測っていなかったのですが、病院にも持ってきませんでした。他の皆さんは入院中も測っているみたいですけれど、、、
こう見えても、意外に小心者。。。

ただし、いやだと言っても、脇下の体温は測らなければならないのです。

今まで脇下でも36.7~9度くらいを維持していたのですが、昨日は36.5度、今日は、はじめが35.9度!? これは間違いだろうと計り直したら36.4度と何だか低くてかなり気になってしまうのでありました。

何事もありませんように。
[PR]
by hinahinar | 2006-09-02 10:11 | 3度目の妊娠、入院日記