<   2006年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
名古屋へ行って来た
実は新幹線に乗って、城西病院に行って来ました。

予約をしたのは遙か前、11月か12月はじめだったような記憶が。
3ヶ月待ちということで、今日の初診になったのです。

誤解をされるかもしれませんが、
別にS先生がイヤになったわけでも、東海の通院をやめたわけでもないのです
が、
A先生の見解も聞いてみたい!と単純に思ったのです。
私の場合の入院治療はどのようになるのか?と。

不育症の権威、二人に看てもらうなんて、贅沢でしょうか。
でも、こういう体になってしまった以上、出来るだけのことはしたい!
これが私の思いなのです。

電話では、受診の時まで避妊してくださいねって言われていたのですが
妊娠したら妊娠したときだ!って思い、特に避妊もせずに過ごしておりました。
結果は妊娠出来ませんでしたが・・・
旦那に名古屋に行くことをしゃべったのも一週間前。
あんまり心配かけたくなかったのでね。。。

紹介状を持ってきてくださいってことだったので、
以前流産したときのデータが残っているK病院に紹介状を書いてもらいました。
(保険がきいて660円)
あとは、東海大と伊藤病院のデータを持参。

今日の感想としては、A先生はすごく精神面を重要視している先生だなぁ
ということがよく分かりました。
S先生とも微妙に違う考えをお持ちだと思います。
実際に今まで検査した数値以外にも調べる物があるということで、
今日、8本の試験管に血液を採りました。

このことは追々書いていきたいと思います。
[PR]
by hinahinar | 2006-02-28 19:58 | 城西病院妊娠前検査等
そうとう固いらしい
昨日、久々に整体師のK先生に看てもらいました。11月以来かな?

普段は肩こりとか腰痛を看てもらっているんだけど、今回思い切って生理周期が長くなっていることを相談してみたところ、お腹を触ってもらうとこれが超痛い。触られている間、超~~~ひどい生理痛がずっと続く感じ。子宮や卵巣のツボらしいんだけど(ちょうどおへそから右側一帯)かちこちに固まってるらしい。。。

あと、これは前々から言われていたんだけど、脾臓(ひぞう)が弱ってるとのこと。去年の夏頃は良くなったって言われてたんだけど、最近また弱ってるみたい。脾臓は免疫と深く関わっていて、私のバセドウや流産はここと関係が深いんじゃないかと。東洋医学の考えでは、脾臓が弱ってると、妊娠もしにくいし、流産もしやすいんだそう……

あと、冷たい飲み物は控えるように!ってことでした。
確かに冬でも冷たい麦茶とかよく飲んでいるものなぁ。気を付けよう。

今までは先生によく来てもらっていたんだけど、最近先生のお店が忙しくて来られないということなので(実際2ヶ月以上あいてしまった)先生のお店に行ってしばらく治療してもらうことにしました。良くなる方法があるってことなので、ちょっとやってもらってみようとおもいます。これで生理周期が元通りになれば効果ありってわけだしね。

誘発剤に頼らないでがんばってみようと思います。
[PR]
by hinahinar | 2006-02-27 09:45 | 整体
白い巨塔へ
新病棟へ行ってまいりました。

朝イチの予約だったのですが、まぁその時間内に行けばいいかなぁと思い、8時20分頃に到着。4階の婦人科受付機に通す。番号はまだ一桁。あら、早いじゃん。

診察前にトイレに行こうかなぁ~、なんて思ったけど、とりあえずあと何人目なんだろうとS先生の窓口パネルを確認すると、もう番号出てた(笑)
で、座ってから5秒くらいで呼ばれた。新記録。
それも、私より若い番号を抜かしちゃった。やっぱり予約が最優先なのかな?

私「おはようございます。呼ばれるのが早いですね」

先生「今日は出だしが遅いんだよ。(←スミマセン遅刻して・・・)今日は混んでる日なんだけどね。で、今日は?」

私「薬もらいにきました。。。。最近、周期が遅いんですよね」と基礎体温表を見せる
先生「でも、排卵はちゃんとしてるし」

私「近所のところで診てもらったんですけど、もし気になるようだったら排卵誘発剤を使ってみる?って言われたんですけど、多胎の可能性による不育のリスクみたいなものはありますか?」
先生「弱い作用のものだったら、心配することは無いよ。周期を整えるために使うのも一つの手かもしれないね。使ってみてもいいんじゃないかな」

私「あと、抗リン脂質抗体が陽性の場合は、産婦人科としては治療をしなくてはいけないけれど、内科的にはどうなんでしょうか?何か検査したほうがいいのでしょうか?」
先生「うーん、それは研究中なんだよね。血栓ができやすいということで脳梗塞、心筋梗塞になりやすいかどうかっていうのは因果関係がまだ分かってないんだよ。10年後、20年後になったらそれも解明しているかもね。もちろん注意をするに越したことはないけれど」

私「抗リン脂質抗体から膠原病になるっていう可能性はあるんですか?」
先生「それは、関係ないよ。膠原病の中で抗リン脂質抗体を持っている人はいるけれど」

私「排卵検査薬は処方してないですか?」
先生「うん。自費になっちゃうよ。市販のを買ったほうが安いんじゃないかな?」

ということでした。次回の予約は5月。

8時35分には会計終了。早すぎだってば。会計の待ち時間も無くなりましたね。
地下の出口から出て、薬局へ。結局一番待ったのはこの薬局での10分。
薬を受け取り、あまりにも早すぎたし、このまま帰るのもなぁと思い、
ナビの目的地に寒川神社をセット。15分ほどで到着。
絵馬にお願いごとしてきました。
あとお守りも。

そして、おみくじを引くと、中吉。
この中に
願事:心配多くして其功すくなく いそぐな
とありました。

いそいで焦っても心配してもあんまり意味はないよということでしょうか。
のんびり、ゆったりですね。
[PR]
by hinahinar | 2006-02-09 12:28 | 不育症
児童手当 生まれる前から18歳まで 東京千代田区
2月2日 朝日新聞朝刊より

妊娠5カ月の女性がいる家庭から、18歳の子どもがいる家庭まで、月5000円を支給――。東京都千代田区は1日、児童手当の対象を大幅に拡大する子育て支援の新制度導入を発表した。所得による制限は設けない。区によると、生まれていない子と高校生にまで対象を広げるのは、全国で初めてという。

 新制度の名称は「次世代育成手当」。これまで同区は、独自に0歳児~小学生を児童手当の対象にしていた。これを、妊娠5~10カ月の女性がいる世帯と、中学生~18歳の子どもがいる世帯にも広げる。

 支給額は、妊娠中が月額5000円、0~18歳までの子がいる世帯は第2子までが月額5000円、第3子以降は月額1万円など。

 理由について区は、「妊娠時は医療費がかさむ」「高校進学率が上がり、子どもがいるほぼ全世帯で高校の授業料を負担している」ことを挙げている。約4千世帯を対象と見込んでおり、新年度当初予算に約3億8800万円を計上した。


少子化対策が今課題となっていますが、徐々にではありますがこのように支援が拡大してくことを願っています。
個人的には、不妊、不育治療の全面的な保険適応と保育所の充実をしていってほしいなと思っています。
[PR]
by hinahinar | 2006-02-02 10:17 | ニュース記事