カテゴリ:日記( 26 )
GWなのにー
GWだってのに、旦那は2週間の出張へ(泣)

More
[PR]
by hinahinar | 2006-05-01 16:39 | 日記
ボランティア
おととい、MMクイーンズスクエアにてある団体のお手伝いで、歌ってきました。

この団体は、障害を持って産まれてきた子供達や、その施設などへの寄付活動を主な目的としています。30分ほどの公演を3回行ったのですが、沢山の人が買い物の足を止めて、私たちの歌を聴いてくれました。最後には応援に駆けつけてくれた施設の子供達も壇上に上がり、一緒に歌い踊り、私は歌いながらもその子供達の一生懸命さに色々な思いが駆けめぐり、思わず涙がこぼれてしまいました。何かしら人々の心に伝わってくれればなぁと思いながら。

私は二人の赤ちゃんを産んであげられなかったれど、こうして無事に生をうけて一生懸命生きている子供達が沢山いる。誰しも健康に産まれたい、産んであげたいと思うけれど、叶わない人もいるという現実。いつ自分もそういう立場になるかもしれない。

その子供達の側にいるお母さん達のまなざしもとっても暖かく・・・心を打たれました。私もあんなお母さんになれるのかな・・・

少しずつですが、こうして何か出来る時に私が出来ることをしていきたいなぁと思っています。
[PR]
by hinahinar | 2006-04-17 10:21 | 日記
雑感
明日はひな祭りでありますが

続きを読む
[PR]
by hinahinar | 2006-03-02 21:12 | 日記
冷たいなぁ・・・
オットが出張に出掛けて、早12日。

やっぱり、二週間は長いなー

最初の一週間は気楽でいいわ~♪なんて思っていたけれど、
さすがに二週間目に入ると結構寂しさも出てくるようになった。

寝るときに冷たくなってるベッドに入るのも辛いのよね。
我が家は
「シングルベッド×2」
という配列。
何故シングルなのかというと
ダブルベッドだと私が布団を奪ってしまうから。
世間一般的には「奥さんが旦那さんに奪われる」っていうパターンが多いらしいんだけど
うちは逆なんで、一人一枚ずつの掛け布団を使用。
どうしても丸め込んでしまうのよねぇ(・_・、)"
以前、旅先のダブルベッドでオットを凍えさせた前科があり、それ以来オットは旅先のダブルベッドを見るとおびえております。

で、冬。
私が寝るときになると
オットは私のベッドに一緒に入ってベッドの中を温めてから
自分のベッドに戻って寝にいきます。
ついでに私の手足が冷えていたりするときには、オットの体温も奪います。

そう。その様子は
「人間湯たんぽ」( ̄ω ̄;)!!

こんな私って鬼嫁?!
[PR]
by hinahinar | 2006-01-21 00:48 | 日記
事始め
先週から新しいことを始めてみました。

前々から歌うことは大好きだったから、どこか、いいコーラスグループはないかなぁと思っていて、前に大手の音楽教室のクラスを見学に行ったこともあったんだけど、入会するまでには至らなかった。そこはしっかりと教えてくれるのだけど、その場(1クール)限りというか、受講生同士の団結力とかも薄いし、やるなら仲間とも仲良くしたいなぁと思っていたので一般の団体の方が私には合っているなぁと感じてはいた。

で、また最近やりたい熱がやってきて、近くでやっているグループは無いかなと探していたら、うちから25分くらいで行けるところを発見、メールで見学の問い合わせをした後、早速行ってみた。

練習に参加してみると皆ノリノリで、すっごく生き生きして歌っていた。
暗譜は当たりまえで、どんな人もソロもできるような感じでバリバリ歌っている。
平均年齢は30代くらいかな。
プロの先生が教えてくれているのでレベルも高くて、とっても良さげ。
楽しく、明るい雰囲気だったので、すぐに入団を決定してしまいました。

気分新たに頑張ってみようと思います。
[PR]
by hinahinar | 2006-01-20 22:29 | 日記
さまざま・・・
この前、アメリカに住んでいた時のお友達との話題。

アメリカの産婦人科での話を聞いていたのですが
お友達が行っていた病院には

「内診台に仕切りのカーテンがついていない」

のだそうです。
なので内診中にDrと目が合ってしまうこともあるとか。
更に、そのDrは30代半ば~40くらいの結構カッコイイDrのようで
変な照れもあり、微妙だったらしいです。


でもそういえば、内診台って色んな形がありますよね。
っていっても、どれもいいものじゃないけどね。
[PR]
by hinahinar | 2006-01-11 22:46 | 日記
新病棟レポ(代理)
東海に行ってきたという、お友達からメールが届きました。

お友達は予約ナシで行ったそうですが(因みにS先生ではないです)
予約の人を優先的に診療するようになったらしく(←ま、これが本来の病院の姿よねー)4時間待ちだった。(9時過ぎに受付したのに呼ばれたのが1時半だったらしい。)
婦人科待合室の椅子の数が減っていた
トイレの便座が暖かかった。
手洗いの水が温水だった。

とのことです。
予約優先っていうのは有難いですね。
そしてトイレももちろん綺麗になってくれてとっても嬉しい~
新病棟が楽しみですね。
[PR]
by hinahinar | 2006-01-05 14:19 | 日記
あけましておめでとうございます
新年明けましておめでとうございます。

つたないブログではありますが

本年もよろしくお願いいたします。

                    ひな
[PR]
by hinahinar | 2006-01-01 00:01 | 日記
一年を振り返って
去年の12月から通い始めた東海大。

1月に全ての検査が終わり、2月に結果が出揃いました。
そしてバセドウ病が発覚。
病院通いと薬の服用が始まりました。
6月ごろからは数値も落ち着き、8月に妊娠解禁。
バセや不育症について調べているうちに、同じ悩みを持っている人がいることを知り、私の経験などを書きとめておく場所を作っておきたいなと思い始め、9月にこのブログを始めました。

ブログで出会えた全ての人に、感謝したいと思います。
そしてこのブログを読んで下さっている方々や
同じ悩みを持つ人たちが、来年、幸せな一年を送れますように……

来年もよろしくお願いします。
[PR]
by hinahinar | 2005-12-30 16:41 | 日記
再会
アメリカにいた時の友達が本帰国したので、既に帰国しているお友達と会ってきました。彼女はアメリカにいた時に不妊検査をしようとしていた矢先に妊娠し、私が帰国した4ヶ月後にアメリカで可愛い女の子を出産しました。

彼女は出産の際、羊水が急に減ってしまって9ヶ月で出産しました。緊急帝王切開となり、赤ちゃんも未熟児だったため、3週間ほど入院したりしてかなり大変な思いをしたそうです。聞くところによると超音波を9ヶ月の間に2回(最初と5ヶ月の時の性別判断)しか見てくれなかったそうで、羊水が減ってしまったというのも、自分から「お腹が痛いので超音波で見てください」と3回ほど懇願してようやくやってもらったそうです。保険などの関係や、超音波が外注だから(他の病院で見る)らしいですが、それも問題だと思いませんか?

私がアメリカで流産を繰り返していたらどういう処置をされていたのかなぁなんてちょっと考えてしまいました。


赤ちゃん連れの引越しや飛行機はやはり大変だったようで、色々と苦労話を聞くと本当に大変なんだなぁと思ってしまいます。大人だけでも長時間フライトは辛いのにね。
尊敬しちゃいます。

赤ちゃんの写真はHPなどで見せてもらっていたけれど、会うのは初めて。先月1歳になったばかり。下の歯が2本生えてきて、つかまり立ちをするようになる頃。お目々もくりくりでとってもかわいらしい。最初は人見知りをしていたけれど、いないいないばぁ~ とかおもちゃを隠したり渡したりして遊んであげていたら、最後の方には慣れてくれて、私が抱っこしてもおとなーしくして喜んでくれました♪

彼女がトイレに行っている間に私が抱っこして待っている時もおとなしくしていてくれたし、彼女のお役に立ててよかったです。姪っ子と月齢が近いというのもあるけれど、日ごろのベビーシッターの賜物かしら?!

ただ、一つだけママじゃないとだめなんだなぁと思ったのは、お茶をしている時に赤ちゃんがベビーカーで寝たんだけど、彼女がお店の外にあるトイレに行っている最中に起きて泣き出してしまったのです。そのときに抱っこしたんだけど、泣き声は酷くなるばかり。戻ってきた彼女に渡したとたん泣き止みましたよ。やっぱりママは偉大ですね。

ベビーと遊んだり、お世話をしたりするのは楽しくて好きなんだけど、ママじゃないとダメな場面に遭遇すると、あぁ~~って思ってしまいます。

早くママ~~って言われてみたいなぁ。
[PR]
by hinahinar | 2005-12-16 23:40 | 日記