不育症検査結果出揃う
東海大へ。9時に予約をするも、やはり呼ばれるのは10時半過ぎ。予約はあくまでも目安で、受付した順番で呼ばれるらしい。(追記:これは旧病院の時のもので、現在は違います)

1月20日の子宮卵管造影の検査の時に知り合いになったKちゃんが後から来て、おしゃべりしながら待てたので時間は短く感じた。

ようやく呼ばれ、S先生と対面。まず、子宮卵管造影の結果は異常無しとのこと。子宮の形は問題ないということです。ひとまずホッとする。しかし!!新たな異常値が見つかってしまいました。

S先生「あなたは問診の時には異常なしかなぁと思ってたけど、色々と出てくるねぇ・・・甲状腺の数値が高いんですよ」
私「甲状腺?!高いってことはバセドウですか?」

甲状腺と聞いてすぐにバセドウ病という言葉が出てきた。

というのもバイト先の先輩(女性)から、つい最近「去年バセドウ病になって大変だった」という話を聞いたばかりだった。バセドウのバの字も知らなかった私だったので、その時にどんな病気なのかを調べたことがあった。

私「バセドウって治りにくいって聞いたんですけれど」
先生「あなたの数値からいくと、すぐに内科の先生から妊娠OKが出ないかもしれませんね。とりあえず治療するところは総合病院の内科だったらどこでもいいですよ。わざわざここ(東海大)ではする必要はないでしょう。」

やっぱり治りにくいんだぁーーと一気に奈落の底に落ちた気分。

先生「内科の先生のOKが出たら、またいらっしゃい。木曜日か土曜日にね。治療はそれからだね。あなたは免疫バランスが問題なんだね。ひっかかってるのは全部免疫関係だからねぇ」

先生は不育の具体的な治療法も説明してくれたが私は既にネットで調べつくしていたので
先生「とりあえず、高温期にアスピリンと……」
私「ヘパリン注射ですか?」
先生「よく知ってるね」
私「色々と調べましたから……」
先生「あなたの場合、ヘパリンまでする必要はないかもしれないね。まぁこれはその時になったら考えましょう」

まずすべきことは甲状腺治療からとなり、今までの数値のプリントアウトしたものをもらいました。


甲状腺の結果(カッコ内は基準値)
FT3・・・・・・・5.21(2.5-4.5)
FT4・・・・・・・2.05(0.75-1.75)
TSH・・・・・・0.003以下(0.3-4.0)

保険診療料 220円

不育症検査にかかった総費用
28,503円

追記※東海大ではこれだけの費用で済むのですから、是非不育症検査をしようかどうか迷っている人は受けてみることをお薦めします。ただし、病院によってかなり費用は異なりますのでこれだけで済むとは限りませんが。東海大は私の知る限り、かなり安い方だと思います。特に抗リン脂質抗体の検査においては、研究費で出来るとのことで無料でやってくれました。夫婦の染色体検査をプラスする場合にはあと16,000円ほどかかるかと思われます。
[PR]
by hinahinar | 2005-02-03 14:41 | 不育症検査 東海大
<< バセドウ病治療スタート 不育症検査3回目 >>